「就職」と「転職」で変わるもの変わらないもの

 新卒で採用された方ならしっかり勉強したであろう面接の問答集ですが、転職においては質問もすこし変わってくることも考えられます。自己紹介一つとっても、学生時代を踏まえた自己紹介から、職務経歴を踏まえた自己紹介に替えなければなりません。しかし、転職の際の面接でも自分の長所や短所といったようなことを聞いてくる所も依然として多くあります。そこで、面接の問答集も転職用にバージョンアップをさせておくべきです。

 

職務経歴書を練りながら、自己紹介等も考えてみよう

 今までの職務でやってきたことを考えて、新卒の時に練り上げた自己紹介にからめて話せるようにしましょう。たとえば、「明るく打ち解けやすい性格です」というような自己紹介でも、「明るく打ち解けやすい性格で、この性格が営業という職種に向いていることを前職でも感じました」といったような具合に、性格に関する質問があった場合に、職務に性格が合っていることをアピールできればよいでしょう。それには、職務経歴書を練ることもしていらっしゃると思いますが、面接問答集にそれを入れ込んでいくことが重要になってきます。もういちど職務経歴をみつめながら、自己紹介からブラッシュアップしていきましょう。