転職エージェントを利用して転職した場合に、面接時に転職エージェントのスタッフが同席する場合があります。これを聞くと面接官の印象が悪くなって不利になるのでは、と不安に思われる方がおられますがその心配はありません。

 

 転職エージェントは採用を成立させて報酬を受け取る仕事です。そして採用を成立させるためには、転職希望者側に立ってアドバイスするだけでなく、採用を予定している企業側にも立って、円滑に採用活動を進めるためのアドバイスも行っているのです。企業のなかには採用活動自体に不慣れであったり、サポートを求めているところもあります。

 

 そういった企業のニーズに応じて転職エージェントは面接サポートも行っており、面接に同席するのも企業の要請を受けてのことなのです。転職エージェントが面接に同席するのは何も採用する側の都合だけではありません。

 

 彼らも採用を成功させてこそ、初めて報酬を得ることが出来ます。そのために面接に同席して進行を手助けし、時には採用希望者のサポートやフォローも行ってくれます。そしてそこで得た経験を持ち帰り、次の面接のためのノウハウの蓄積も行っています。だからこそ、転職エージェントによるアドバイスは生きた情報として非常に役立つのです。

 

 これらの理由から分かるように転職エージェントが面接に同席しても何ら不利になることはありません。むしろ心強い味方がついてくれているという気持ちで面接を受けることができます。