何を求めて転職をするのか

 現状の待遇に満足されていない方が、転職を考え現状より好条件を目指す事は自然な事だと言えます。しかし、給与にしろ待遇にしろ転職の目的をはっきりしておかなければ、勤め始めていざ蓋を開けた時に「期待はずれ」となる可能性もあります。

 

 転職の理由としては、キャリアアップの為の転職や地元に帰る事由がありその為の転職、そもそも今の会社が自分に合わない為に転職するなど、例を挙げればキリがありません。

 

 しかし色々ある理由の中でも最も多いのが、「お金」いわゆる「収入」である事が伺えます。自分が家族を養っていく等の理由で、「今以上の収入」を考えるのは当たり前の事でしょう。

 

 こういった理由がぼやけてしまうと、転職後の自分の決断等に疑問を持つ可能性もあります。「この転職は正しかったのか」「あのまま勤めていれば」など、疑問を通し越して後悔に繋がるケースもあるでしょう。

 

 そういった事を防ぐ為にも、自分が転職する確かな理由が必要となります。よくあるもので、単に仕事が面倒、職場まで遠い、何となく等の、些細な理由による転職は、おおよそ長続きはしないでしょう。

 

 さらに、転職を重ねるごと、新たな転職先を見つけても、転職を重ねたという事実が心象を極めて悪くします。これは年齢が進んでしまった場合は致命的になります。

 

 よって、自分が転職先に何を求めているのか。それを厳密にする事により、自分が転職した理由や意味を再認識しましょう。転職は気楽に行うものではないのです。

転職コラム記事一覧